So-net無料ブログ作成
検索選択

ねばーる君の伸びる仕組みと中身(中の人)が暴露!? [芸能・エンタメ]

今、話題のゆるキャラでねばーるくんが
ブームになっていますね。


このねばーる君が伸びる時どのように
なっているのかって仕組みや中身を
知りたい!もっと言うと中の人って
誰なのかなど秘密が知りたいって人は
多いと思います。


今日はその秘密を調べたので暴露(!?)
しちゃいます(笑)








実はねばーる君はあるテレビ番組により、
レントゲンを撮られ、その伸びる仕組みの
秘密を探ろうとした試みが過去行われて
いるんです。


そりゃそうですよね。
いまやゆるキャラのふなっしーとの人気を
二分するとも言われているねばーるくんです
からね。


その秘密を知りたいって誰もが思う
でしょう。


皆さんの関心の高さがうかがえますね。



【ねばーるくん プロフィール

●生年月日:710年前の7月10日
●家族構成:父:大豆 母:納豆菌
●出身地:茨城県藁
●住居:白い発砲スチロール製の家
●住所:茨城県納豆町冷蔵庫710号室[4])
    に住んでいる模様
●身長:710m(公称)
体重:710g


それにしてもねばーるくんが身体が
伸びるのを最初見たときは衝撃を
受けました(笑)


話は戻り、番組の中でねばーるくんに
身体を伸ばしてもらい、その状態のまま
空港の荷物検査システムに突入してもらう
ようになっていました。


このレントゲンにより長い棒状のものが
写ってしまいました。

つまり、ねばーるくんの中身には伸縮式の
金属棒が設置されているようです。

ねばーるくんの仕組みとして、この伸縮式の
金属棒で伸びたり縮んだりできているよう
です。


ふなっしーと比べて科学的なんですね。
ねばーるくんは(笑)








伸びたままでも安定した姿勢で動き回る
ことができるねばーるくんです。

このことからも伸縮式の金属棒を手に
持っているのではなく体に固定している
だろうなって想像ができますね。


ただ、ねばーるくん自身はやはり認めたく
ないので、「納豆菌のエネルギー」で伸縮
自在になyているってと話しています(笑)



それと中の人に関しては、ねばーるくん自身
がインタビューに語っているものがあります
ので見てみましょう。


【ねばーるくんインタビュー回答編】

「ふなっしーさんはご当地キャラ界を
引っ張ってるヒーローですから、
やっぱり尊敬してますネバねぇ」

──でもパクリの声は後を絶たないけど…。

「それはねば~る君のことも、ふなっしー
さんのことも あまり知らない人たちが
言ってるだけネバぁ!」

──共演NGという声も聞こえてきますけど。

「えっ!そうネバか!? でも、ふなっしーさん
から“粘ってね”と エールもらったネバですから。
仲良しネバッ!
 共演NGということはないと思います
ネバですよぉ」

──中に入っている人が同一人物という疑惑については?

「そういうのは完全に面白がって言ってる
ネバですから~。
納豆は叩くよりも、かき混ぜたほうが
おいしいネバよ!
それに、そもそも中に人なんか入ってない
 ネバ」


パクリ疑惑をお得意のギャグを交えて
完全否定し、ふなっしーとは良好な
関係を強調するねば~る君でした(笑)

そして、中身も違うらしいです。

当然そもそも人なんか入ってないとご本人
のコメントでは完全否定しています(笑)
真実はどうなんでしょうか?


ふなっしーの中の人と同じであれば
「北見健二」さんてことに!?なる
かもしれませんが。


あれだけ人気が出てなかなか多忙な
中人気のあるゆるキャラに入れる
でしょうか!?(笑)


このあたりは現実的ではない
ように思いますね(笑)



これからねばーるくんについてどんどん
注目されるにつれ、中身(中の人)にも
どんどん関心がもたれ、マスコミに追われる
日も近いでしょうね(笑)

さらに詳しく暴かれる日がくるかも
しれません。



これからのねばーる君のますますの活躍
に期待です。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。